<   2006年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
池間島
友達のYと、沖縄の池間島に行ってきました。

ビーチにはひとっこひとりいなかった。
f0015552_23371741.jpg
貝がらだと思って拾おうとしたらヤドカリ。
f0015552_23372930.jpg
体験ダイビングにもトライした。人生なにが起こるかわかりません。池間島の北方にある八重干瀬(やびじ)というスポットで、日本屈指のサンゴ礁群が見られるんだそう。
f0015552_23374472.jpg
しかし耳抜きがうまくいかなかったのか、海の底に着いたところでモウレツに耳が痛くなってしまった。生命の危険をかんじて(たぶんおおげさ)、インストラクターのお兄さんに「上に上に!上に行く!」とはげしくジェスチャーをしめして即効引き上げてもらいました…。ちょっと背伸びしすぎたわ。だいたい私カナヅチだし。

でもシュノーケリングだけで充分楽しめた。イソギンチャクの中にニモがいた。小さなイカが列を作って、ヒラヒラしているのが見えた。サンゴの造形の美しさは、この世のものとは思えないぐらいで、ちょっとおそれをかんじるほどでした。

泊まったのはYが何回か泊まったことのある、とても雰囲気のいい小さなB&Bです。建物は地中海っぽく、インテリアはヨーロッパとエスニックのミックス。何よりオーナーの女性がとても個性的で、魅力のある人でした。
f0015552_2339192.jpg
再訪を約束して東京に戻りました。明日から仕事。
f0015552_23425572.jpg

[PR]
by mariposas | 2006-09-26 00:16 |
かぼちゃのレッドカレー
f0015552_23191116.jpg
母親から、北海道のかぼちゃを送ってもらった。2人しかいない家で、かぼちゃをおいしいうちにまるまる1個使い切るのは、なかなかむずかしい。まずはかぼちゃ、チキン、ふくろたけ、赤パプリカを入れたタイカレーを作ってみた。

かぼちゃがとろけてイエローカレーのような色になっていますが、レッドカレーペーストを使ってます。チキンとレッドカレーの素をいためてから、その他の具を加え、ココナッツミルク1缶(400cc)と鶏がらスープで、15分くらいぐつぐつ煮込む。砂糖とナンプラーで味をととのえました。かぼちゃとココナッツミルクって相性いいんだよなあ。かぼちゃはホクホクでした。
[PR]
by mariposas | 2006-09-22 23:27 | レシピ
姐さん
今朝、バス停の前の生け垣からキンモクセイの香りがした。今は外で鈴虫が鳴いてます。


f0015552_0385128.jpg

昨日は、東京ドームにマドンナのConfessions Tourを観にいった。チケットがあまったということで誘われたんだけど、
Ray Of Light
以降のマドンナが好きで、先日DVDで観たライブドキュメント「I'm Going To Tell You A Secret」での彼女がすごく魅力的だったこともあって、ライブを観るのを楽しみにしてました。

1階席の一番後ろだったので迫力を存分に味わうことはできなかったんだけど、やーかっこよかった。ほどよくエッジがきいてて、きわめてきっちりトレーニングされてて、すごく高品質なエンターテインメントだった。

マドンナが「自分は一流の歌手でもダンサーでもない」と冷静に自己分析をしているのを、どこかで読んだことがある。彼女は「自分にできること」と「できないこと」をわかった上で、「できること」に対して、ありえないぐらいのエネルギーを費やしつづけてきた人なんだろう。48歳になってもそれをやめていない。ジャンルやレベルの差は抜きにして、自分をまっとうするというのは、そういうことだよなと思う。たぶん自分には、マドンナの1/30ほどの集中力もないけども。

あと、ライブが終わって感動したのは、はじめて入った「わたみんやわたみんち」。ひとり2、3杯飲んで、満足するまでひととおり食べて、おひとりさま1,500円って!?メニューも豊富だし。


●追記(9/22) YouTubeはほんとうに何でもあるのねえ。音が出ます
::"Madonna Confessions Tour Future Lovers"(YouTube)
[PR]
by mariposas | 2006-09-22 00:47 | 映画・音楽・本
ねぎくさい女
今日は友人のYと、彼女おすすめの「葱や 平吉」というお店に行く。店名のとおり、サラダ、和え物、炒め物、何にでも、ことあるごとに大量のねぎがどさっと投入されてます。最後は鶏ねぎ鍋。つけて食べるのは、ねぎ塩だれ。そして鍋の中にも山盛りのねぎ…トータルで、ひとり2本ぐらいは食べたんじゃないか?食材がちゃんと吟味されているふうで料理もなかなかおいしいし、焼酎の種類も豊富だった。いい店教えてもらった。

::ねぎの効能、選び方、保存方法

来週末は、Yと週末を利用して沖縄の宮古島(正確には、その近くの池間島というところ)に行くことになりました。実は沖縄上陸ははじめて。2泊だけだけど、最後の夏をマンキツしてくるのです。台風が来ないといいけどね。


[PR]
by mariposas | 2006-09-15 00:26 | タベル
日曜のさんま
深夜にとどろくカミナリ、凄かった。へそをとられるかと思った。でも日中の東京はなかなかいい天気でした。
f0015552_1282842.jpg

目黒でさんま祭りがあったのだけど、なんやかんやで今年も行けず。さんまを買ってきて、家から参加。1尾120円ぐらいだった。安いねえ。
f0015552_1284123.jpg

[PR]
by mariposas | 2006-09-11 12:06 | タベル
しょうがジャム
Tiptreeのジンジャージャムというのがとても好きで、パンにクリームチーズをぬった上にのせて食べるのが朝の小確幸なひとときなのですが、自分でも作れないものかなあと思ってやってみました。

しょうがをすりおろして、レモン汁、はちみつ、砂糖でぐつぐつ30分ほど煮ます。しょうがは2パック、レモン汁は大2、はちみつと砂糖はてきとうに入れましたが、しょうがと同量ぐらいは必要か。甘みは多めがいいです。
f0015552_1748987.jpg
Tiptreeのジャムはなぜあんなにマイルドなんだろうか。私の作ったジャムのほうがだんぜんぴりぴりします。ぴりぴりというかビリビリ。例えればウィルキンソン・ジンジャーエールの2.5倍ぐらいのビリビリ。

いっぺんにたくさんは食べられませんが、パンをちぎって、ほんのちょこっと、小指の先ぐらいの量を載せて食べると、なかなかうまかった。しょうが好き限定で、おすすめしておきます。

以上、まとめてアップおわります。
[PR]
by mariposas | 2006-09-09 18:06 | タベル
大麦のチーズリゾット
だんだんつかれてきた。これは、先日友人にもらったイタリアみやげのパルメジャーノをたくさんふりかけたリゾット。
f0015552_1724529.jpg
みじんにした玉ねぎ、セロリ、薄切りにしたマッシュルーム、ひと口大に切ったチキンを炒めて、火が通ったら大麦を投入。その後コンソメスープを加えて、大麦がやわらかくなるまで煮ます。最後にゆでたアスパラを入れ、塩、こしょうをしてひとまぜ。皿に盛ったら、オリーブオイルをちょろっとまわしかけて、チーズを思うぞんぶんこころゆくまで。たっぷりと。おいしくて、腹がせりだすほど食べました。
[PR]
by mariposas | 2006-09-09 17:28 | レシピ
冷やしキツネ、豆乳チゲスープ
カンタンでうまい、冷たいキツネうどん。油揚げはだし汁、しょうゆ、お砂糖でさっと煮ておく。うどんのたれは市販のものを利用してます。うどんがゆであがったら、油揚げ、ポーチドエッグ、青ネギをのせて、冷やしておいたたれをまわしかけてできあがり。なんともおちつく味。
f0015552_1781916.jpg
わたしは讃岐のようにコシのあるうどんよりも、稲庭のような細めでしっとりしたかんじのうどんが好きですが、みなさんどうです。

汁ものは、豆乳チゲ。「noi」という雑誌に載っていたケンタロウ・レシピです。具は豆腐、ごぼう、えのきだけ、豚肉、にら、白菜キムチ。スープは鶏がらベースで、味噌で味をつけ、最後に豆乳を入れて風味を加えます。食べるときに白ごまをふりかけました。
f0015552_17123234.jpg
ケンタロウの作る料理は食材の選び方も作り方も、ケンタロウの個性が全面に出てますよね。ケンタロウの名前が出ていなくても、レシピだけで誰が作ったかわかっちゃうぐらいの個性。で、できあがった料理の味にもやっぱりどこか統一感がある。表現者なんだなあ。参考にしながら自分でつくると、なぜかちょっと大味になってしまうんだけど?
[PR]
by mariposas | 2006-09-09 17:21 | レシピ
チキンとルッコラの冷たいパスタ
ごはんを撮りためていたので、備忘録をかねてじゃんじゃんアップしておこう。

このパスタは、その日のお昼に食べたサンドウィッチの具を参考にしてみた。
f0015552_1658528.jpg
チキンは塩・こしょうをふり、オリーブオイルで焼き目をつけたら、白ワインをそそいで蒸し焼き。ルッコラ、ひよこ豆、トマトが入っています。

味付けはオリーブオイル、レモン汁、塩、黒こしょう、にんにくすりおろし。全部がーっとまぜあわせて冷蔵庫に入れておいて、ひやしたパスタとあえるだけ。
[PR]
by mariposas | 2006-09-09 17:05 | レシピ
飲んでもいいのか
前述のイタリア旅行を楽しんだ友人は、太っ腹なことに、さらに女子度の高いすてきみやげも買ってきてくれました。サンタ・マリア・ノヴェッラのACQUA DI MELISSAというハーブ水?と石鹸。石鹸は「SAPONE LATTE」と書いてあるから、牛乳石鹸だ。ハーブ水は日本未発売みたい。
f0015552_14461549.jpg
このハーブ水は、水に数滴おとして飲むものなんだそう。鼻を近づけると、やわらかくてすーっとしたとてもいい香りです。「世界最古の薬局」の製品なだけにきっとなにかしらの効能があるはずなんだけど、パッケージには特にそれについての記載がない。

で、ネットでちょっと調べてみたら、このメリッサ水というのはイタリアの修道院で16世紀ぐらいに生まれたものなんだそうで、心をおだやかにしリラックスさせる効果があるという。当時はヒステリー治療にも使われていたんですって…。アルモドヴァルの映画「罰当たり修道院の最期」に出てくるような修道女が、メリッサ水を一気飲みしている姿を想像してしまいました。

じゃあ飲んどけ、とハズバンドにもしずかにうながされ、用法通りにくっと飲んでみました。おお、不味い!というか、のんではいけないものの味がしてかるく混乱。たとえば化粧水を口に入れてしまったような…イタリアの修道院ってほんと神秘的ですわね。

ということで効果を実感するにはいたらなかったのですが、もうちょっと量を少なくしてならしつつ、試していこうかな?
[PR]
by mariposas | 2006-09-06 15:37 | モノ