<   2006年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧
キウイジャムを煮る
朝の活動にめっぽう弱いので、平日の朝食メニューは、いつもパンとカフェオレだけです。なもので、せめてパンにのせるものにはバリエーションを持たせよう、とこころがけています。

キウイジャムには前にもトライしたことがあるんですが、「きび砂糖」で作ったら、色がにごって見た目がいまいちでした。今回はしょうがないので(味と栄養の点から、ふだんはあまり使わない)グラニュー糖を買ってきました。
f0015552_1405213.jpg
はーやっぱりグラニュー糖だと、色がきれいに出るんだな。キウイ5個をあらくきざみ、グラニュー糖100g、レモン汁1/2個分をからめて30分ほど置いてから、水200cc、白ワイン大1を加えて、水気がとぶまで弱火で煮込みました。すっぱあまくておいしい。
[PR]
by mariposas | 2006-02-28 14:30 | レシピ
目黒 鐡玄
週末は私の友人とオットの3人で、ジンギスカンを食べに行きました。

f0015552_17522870.jpgこれまでに行ったジンギスカン屋さんの中では、今のところこのお店が一番好きです。肉&たれがおいしいし、ジンギスカン以外のメニューが充実しているので。

この日はもやしでお腹がふくれて(ジンギスカンセットにも野菜が付いてくるのに、さらに野菜盛りを追加してしまった。やりがち)オーダーできませんでしたが、このお店のラム肉のカレー、とてもおいしいですよ。

その後は、めずらしくKARAOKEへ。最近は、曲によっては本人が出演している当時の映像が見られたりするんですね!「恋の予感」の玉置浩二がアダムスファミリーの一員のようでした。今は素敵なおじさまになっているようなので、よかったです。そして、「抱きしめてTonight」で出てきた、オーラ全開時代の田原俊彦に、友人ともども本気でときめいた夜でした。

---------------------------------------
鐵玄 目黒店
品川区上大崎2-14-3 三笠ビル
03-5789-7735
[PR]
by mariposas | 2006-02-27 18:18 | タベル
SUQQUのビューラー
たまには美容ネタ。このビューラー、美容問題(特にメイク)にうとい私の耳にも「ものすごくよろしい」というウワサが入ってきました。大量生産できないので、ちょっと前までは数ヶ月待ちという状況だったのだそう。

私は12月の終わりぐらいに、伊勢丹でSUQQUのコーナーの前を通りかかったところ「ビューラー入荷しました」という張り紙を見かけて、あっさり買うことができました。もう、入手困難という状況はひと段落ついていたようです。

f0015552_16574927.jpg使用感は、確かによいです。今まで使ってきたビューラーたちはなんだったんダヨっていうぐらい。林真理子さんもこのビューラーを愛用しており「くじゃくの羽のようにまつげがきれいに広がる」と絶賛しているようですが、確かに私のようにテクニックとメイクへの熱意がいまいちでも、まんべんなくきれいに、自然な上向きにカールしてくれます。

値段も2100円と、意外と良心的なのでは。替えゴムも2つ付いているしね。おすすめです。
[PR]
by mariposas | 2006-02-27 17:22 | モノ
デトックス×3
今週は天気もあまりよくないせいか、どうもここ数日、アタマや肩のあたりに鈍痛が。仕事で夜更かしをしたせいもあると思います。この毒がたまっている感を解消すべく、いろいろやってみた。

■参鶏湯(サムゲタン)風スープf0015552_1936546.jpg
このサイトを参考にしています。鍋に鶏手羽先、しょうがの薄切り、にんにく1かけ、ネギ、くこの実、松の実を入れてぐつぐつ煮ただけ。

煮る時間は1時間くらいか?私は例によって圧力鍋を使ったので、15分くらいの加熱でできあがりました。材料はシンプルなのに、複雑なうま味が出ていました。ごはんを入れて食べるのもウマイ。
■フロ
f0015552_22381174.jpgvogueのエディターの方が書いているブログで絶賛されていたのを見て、思わず薬局で手に取った「バブ EX」。お風呂にこれを投げ込んで、本を読みながら1時間ぐらいつかりました。このバブほのかに薬草くさくて、いかにも効きそうです。確かに普通の入浴剤より体の温まりがいいかもしれません。けっこう汗もかいたし。
■岩盤浴
翌日は、恵比寿にあるその名も「デトックス ストーン スパ」という、岩盤浴のお店に行ってみました。とてもきれいな施設です。岩盤ルーム?は暗めの間接照明でなぜかジャズなど流れており、なかなか落ち着けます。90分で3,300円、私はデイタイム料金の時間帯に行ったので2,200円。この値段ならば気軽に行けそうです。

しかし初・岩盤浴体験だったせいもあってか、かなりのぼせあがってしまい、終了後も30分くらい赤ら顔が直らず…あきらかに見た目ヨッパライでした。外を歩いていてもじわじわと暑く、巻いていたマフラーをハァ~とむしりとる始末。継続して通ったら、冷え性改善にかなり効果がありそうだな。
[PR]
by mariposas | 2006-02-24 20:32 | コト
クリームたらこパスタ
冷凍庫で保存していた「たらこ」の存在を思い出し、今日はパスタにでもするかなあと、たらこの歌を鼻で歌いつつ思案。でもいつものたらこ+バター+青じそ+のり の組み合わせにもちょっと飽きたしな、ということで、生クリームを使った洋風たらこスパを作ってみました。

f0015552_1337732.jpgこれがまた、おいしかった。たらこって味がちょっととがっていますが、生クリームを使うことで、いくらでも食べられそうなやさしい味になります。パスタはリングイネを使っていますが、細すぎず太すぎないタイプであれば、なんでもいいと思います。

どんなブキヨウな人でもおいしく作れるにちがいない簡単レシピです、ぜひおためしを。

作り方はこちらです>>
[PR]
by mariposas | 2006-02-23 14:03 | レシピ
五線譜のラブレター De-Lovely
f0015552_13262745.jpg作曲家コール・ポーターと妻リンダの生涯にわたる絆を、劇中劇(ミュージカル)を取り入れながら描いた作品です。

舞台は1920年代。パリに遊学にきていた駆け出しの作曲家ポーターが、パーティで「パリで最も美しい離婚女性」リンダと知り合い、ふたりは「独立したカップルとして、ふたりで夢をかなえる」べく結婚します。

しかしポーターは、根っからのアーティストでありさらに同性愛者。彼女への愛情は持ち続けるものの、家庭をかえりみないことも多く、享楽的な生活を改めようとはしません。リンダは孤独感にさいなまれつつ、それでも彼の精神的な支えとなりつづけます。

彼は「すべての曲は彼女のことを思って書いたんだ」と語っていますが、それは本心でもありきれいごとでもあり、というふうに私には映ります。彼自身にもわからないのかもしれません。それに対する「全部ではないわ。何曲かは、そうね」というリンダの静かな台詞に、彼女の繊細さ、寛容さや、ポーターへの感情のすべてが表されているようで、見事だと思いました。

ラスト近くの年老いた二人のやりとりは、もう涙なくしては観られません。ポーターが、「交配がむずかしい2つの品種」をかけあわせることに成功した、という美しいバラを彼女にプレゼントする象徴的なくだりでは、頭痛がするほど大号泣でした。彼らの関係ほど極端なケースは少ないにしても、結婚生活やパートナーシップを維持していくというのは、異種をかけあわせて、新種の花を作り出すようなものですよね。って、なんか結婚式のスピーチに使えそうな話になってきました。

衣装担当はアルマーニ。衣装の豪華さ、美しさは特筆ものです。スーツやドレスはもちろんですが、一番すてきだと思ったのは、リンダが庭のデッキチェアでくつろいでいるときの、濃いグリーンのゆったりしたシルクブラウス&白いワイドパンツの普段着スタイル。リラックス感がありつつ上品で、完璧でした。

ナタリー・コール、エルヴィス・コステロ、アラニス・モリセット、ロビーウィリアムス、シェリル・クロウといったそうそうたるメンツが、歌い手役で登場するのがおもしろい。コステロ、ぽっちゃりしていたもので、しばらく彼だと気づかなかった。サントラ買ってみようかな。

::「五線譜のラブレター」DVD
[PR]
by mariposas | 2006-02-22 21:51 | 映画・音楽・本
目黒を散策
人ごみには出る気がせず、遠出するには天気がどんより。でも雨が降っているわけではなくて、意外と暖かい日曜日。こういう日は近所の散策日和ではないの、ということで、スニーカーはいてでかけてきました。

■林試の森公園
家から徒歩15分くらいのところにありますが、はじめて訪れました。12haの広大な敷地にありとあらゆる樹木が植えられています。でもまだ樹木も全体的に冬眠中、という印象で見所はあまりなかったので、猫をおいかけまわしたりしてみました。もうちょっと暖かくなったらきもちよさそうです。

■不動前商店街
公園を出て、昭和にタイムスリップしたかのような商店街を、ゆるゆるとぬけていきます。日曜だからか閉まっている店が多く、人通りもまばら。八つ目うなぎのお店で、お店の人がのんびりと串を焼いているのが見えます。

■安養院
ふとたどりついた密教チックな雰囲気のお寺。敷地内にある「北インド・チベット仏教美術館」という施設が強力サイケデリックオーラをはなっていて、かなり面白そうだった。でも入り方がよくわからなかったので(どう見ても閉館中のように見えた。でも開いていたらしいです)入りませんでした。

■目黒不動尊
f0015552_15163547.jpg天台宗のお寺です。私たちが行ったときにちょうど、「護摩」の行法をおこなっていました。アグレッシブな太鼓の音と、強い調子の読経、もくもくたちのぼる煙。本堂からあふれそうなほど多くの人が、正座しながらじっと祈祷を受けています。こちらもすっかり神妙な心持ちになり、しばらく見学させてもらいました。


■つかれたので帰ります
f0015552_1643335.jpgこの後はさらに歩いて帰路につき、駒沢通りにある「ポポット」で休憩。これはハムとチーズ、マッシュルームのそば粉クレープです。ここのクレープは本当にうまい。全力でおススメします。

所要時間3時間半程度で「いい旅・夢気分」を味わえました。でも足がぱんぱん。
[PR]
by mariposas | 2006-02-20 08:45 | コト
バナナトースト
お昼にはなにを食べようか?仕事がちょっと忙しいので、ちゃちゃっと作れるバナナトーストにしました。パンにバターをぬって、バナナのスライスをのせ、砂糖とシナモンをふりかけて焼くだけ。トーストすることでバナナがとろりと甘くなって、とてもおいしいです。
f0015552_14275875.jpg

飲み物は豆乳チャイ。紅茶を豆乳で煮出して、黒砂糖、チャイ用のスパイス(シナモン、クローブ、カルダモンのミックス)を入れます。あったまる。
f0015552_14335367.jpg

[PR]
by mariposas | 2006-02-17 14:34 | レシピ
圧力鍋でボルシチ
にんじん、じゃがいも、玉ねぎがたくさん余っていたので、一気に煮込んでボルシチっぽいスープでも作ってみるかと思い立ちました。そういうときは、圧力鍋の出番です。

f0015552_12244379.jpg圧をかけて15分ほど煮込めば、野菜ほくほく、肉とろりのボルシチができあがります。

本格的なボルシチは、真っ赤な色をしていることがあります。あれは「赤ビーツ」が入っているからだそうだけど、まあそんな本場っぽくなくてもいいか、と思い、代わりにトマトを刻んだものを入れてみました。赤つながりということで。

仕上げにのせたサワークリームの、コクとちょっとした酸味がきいてます。あとはひきたての黒コショウをがっつりかけて。バゲットをスープにひたしながら食べたら、あーうまかった。

作り方はこちらです>>
[PR]
by mariposas | 2006-02-17 13:18 | レシピ
ウッド製の計量スプーン
f0015552_17103430.jpg
先日、これまたBALS STOREで買った木の計量スプーン。木はウォールナットだそうです。革紐でつながっているところが、なんともかわいらしいですよね。

これできっちり計量して、おおざっぱな味付けからはもう卒業します…と思ったが、けっきょくあんまり使っていません。相変わらず気分しだいの目分量で、調味料を投入してます。いいの飾りとして楽しむから。

楽天のこのショップでも売ってました。こちらのお店、品揃えも魅力的だしデザインがきれいですよね。年末にこのお店で、ふた付きのかごを買いました。じゃがいもやにんじんなどの野菜を入れています。重宝してます。
[PR]
by mariposas | 2006-02-16 17:19 | モノ